loader

COMPANY PROFILE

あなたと造る、夢じゃない、夢。
わたしたちは、アイティー技研です。

MESSAGE

代表取締役社長 今中忠行

弊社は、人類社会の持続的発展を可能とするために
必要な技術開発を行う研究指向の会社です。

私は、約半世紀に亘る大学(大阪大学、京都大学、立命館大学)での
研究経験を活かしながら、多くの企業様との共同研究を推進してまいりました。
その中で、やはり世の中に対して直接貢献することの重要性を強く感じたため、
2018年に弊社を設立した次第です。

新しい技術も開発してまいりましたが、今後は多くの共同研究を通して
社会に貢献したいと考えています。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長
今中忠行

Tadayuki Imanaka

PROFILE

南極

今中 忠行

Imanaka Tadayuki
株式会社アイティー技研 代表取締役社長
京都大学名誉教授 工学博士

1970年より大阪大学、京都大学、立命館大学で 生物化学、遺伝子工学、微生物工学の分野において教鞭をふるうと共に 微生物の研究と微生物利用のエネルギー開発に従事。

2004年には第46次南極地域観測隊に参加。多数の新属・新種の微生物を発見。 しらせ大学学長および南極大学学長も務める。 今中隊員の南極滞在記へ>

2010年に紫綬褒章を受章。超好熱始原菌が有する多数の新規酵素・代謝経路を 解明するなど数々の先駆的な業績が、極限環境微生物学の進展と応用への 多大な貢献として評価された。

2018年に瑞宝中綬章を受章。半世紀にわたる国と社会への功労と成績、 そして重要な職務の全うが評価された。 同年、株式会社アイティー技研を設立。これまでの研究開発経験を 直接的に社会貢献に寄与すべく、現在に至る。

略歴

1967年大阪大学工学部卒業
1969年大阪大学大学院工学研究科修士課程修了
1969年大阪大学大学院工学研究科博士課程中途退学
1973年工学博士(大阪大学)
1973年マサチューセッツ工科大学 博士研究員
1989年大阪大学工学部教授
1996年京都大学大学院工学研究科 >合成・生物化学専攻教授
2003年アメリカ微生物学アカデミーフェロー
2004年第46次南極地域観測隊
2004年しらせ大学学長
2005年南極大学学長
2005年第20・21期日本学術会議会員
2008年国際環境バイオテクノロジー学会会長
2008年立命館大学生命科学部 生物工学科教授
2009年日本化学会フェロー
2011年立命館大学生命科学部長
2012年立命館大学理事
2015年立命館大学上席研究員
2019年日本極限環境生物学会名誉会員

受賞歴

1987年日本醗酵工学会斉藤賞
2001年日本生物工学会生物工学賞
2001年有馬啓記念バイオインダストリー協会賞
2005年日本化学会賞
2008年環境バイオテクノロジー学会賞
2010年紫綬褒章受章
2014年日本農芸化学会技術賞
2014年日本生物工学会功労者表彰
2015年日本農芸化学会有功賞
2018年瑞宝中綬章受章

MISSION

人類社会に貢献するべく、 持続的発展を可能とする 技術開発を行う

当社が挑む3つの問題

エネルギー問題の解決
  • エネルギー危機に対応するため、新エネルギー生産技術を開発。
  • バイオテクノロジーを駆使してバイオ水素の産業的生産技術を開発。
環境問題の解決
  • 地球温暖化を防止するために、炭酸ガスの固定化技術を開発。
  • 排気ガスによる大気汚染を防ぐために、SOX、NOX、煤を発生しない新燃料の開発。
  • 河川や湖沼の水を安価に浄化する技術を開発。
  • 湖沼や内海のヘドロの安全安価な分解処理技術の開発。
  • 油汚染土壌の浄化技術の開発。
  • 油汚染された工業部品洗浄技術の開発。
食料問題の解決
  • 将来の食料危機に対応するために、植物の生長促進技術の開発。
  • 魚介類の陸上養殖技術の開発。

TECHNOLOGIES

当社が保有する9つの技術
01 炭酸ガスと水から常温・常圧で石油を化学合成する技術
02 軽油・重油を簡便に精製する技術
03 活性化水を用いて植物の成長を促進させる技術
04 工業部品の油汚れを洗浄する技術
05 ビルの冷却水を安価に維持する技術
06 鉛バッテリーを半永久的に回復・利用することができる技術
07 河川・湖沼・内海のヘドロを安全に分解する技術
08 超好熱菌を用いて生ごみ等から水素を生産する技術
09 特殊光触媒を用いて空気中の菌類を強力殺菌する技術

PATENT

発明の名称 炭化水素の合成方法及び合成装置
特許番号 特許第6440742号
発明者 今中 忠行、竹本 正
概要 水中において二酸化炭素を還元させて炭化水素を合成する方法において、 二酸化炭素を含む水に酸素を供給することにより酸素のナノバブルを生じさせ、 光触媒の存在下において、前記酸素のナノバブルを含む水に紫外線を照射することにより 活性酸素を生成させ、前記活性酸素の存在下において、二酸化炭素を還元させる方法である。
PDF

PUBLICATION

タイトル Chemical Synthesis of Fuel Hydrocarbon from CO2 and Activated Water, and Purification of Commercial Light Oil for Dream Oil
著者 Tadayuki Imanaka, Tadashi Takemoto
公開 Oct 01, 2019
PDF

OUTLINE

会社名 株式会社アイティー技研
(IT Tech. Corporation)
代表取締役 今中 忠行
住所 〒525-8577
滋賀県草津市野路東1-1-1 立命館大学 テクノコンプレクス244号
ご連絡先 TEL 077-561-5811
E-mail : info@ittech.co.jp
取引先銀行 三井住友銀行 みずほ銀行
URL https://ittech.co.jp/